【ブログ】「1ヶ月で○○PV数・収益〇〇円達成!」と比較しても意味がない

ブログ運営 (Blog)

こんにちは、すきゃです。


今回は、1ヶ月で〇〇PV達成!とか収益〇〇円達成!のような記事とただ比較してもあまり意味がないと思う、という記事です。

どういう話をするかざっくり書くと

  • 人のブログ運営報告とただ比較しても不毛
  • 意味のある比較・参考を心掛ける

という話をします。


ちなみにこの記事は、人の運営報告とかを見て一喜一憂する人向けに書いているのであしからず。


スポンサーリンク

ブログの運営報告について

よくブログとか(Youtubeとかも)を始めた時に色々調べていると、先輩ブロガーたちの輝かしい成績が出てくるじゃないですか。もちろん逆に全く振るわないという記事も見ると思います。

最初の頃はそういう記事をみて、自分と比べたりして一喜一憂するかもしれません。今でも私は、たまに比べてしまいます。

でもしばらくブログを運営してみて、ただ比較しても時間の無駄だなぁと思うようになりました

ブログを例にして、そう思う理由を説明します。


ほとんどの場合、比較できない

仮に、ブログを書き始めて1ヶ月経ったとします。

自分の思ったようにPV数や収益が得られない(1ヶ月目で満足いく結果を得られること自体稀だと思いますが)時に、「他の人はどうなんだろう」って思い調べてみると、当然1ヶ月目から自分の数十倍の結果を出している人を見ると思います。

そこで「自分は〇〇さんの数十分の1くらいの結果しか得られていない」って悲観的になる必要はないです。

だって単純に比較なんてできないのですから。

ブログのスタイルが違う

ブログの執筆と一口に言っても、スタイルは人によって全く違います。

  • 毎日投稿?or 週1投稿?
  • トレンドブログ?or 資産ブログ?
  • 量重視?or 質重視?
  • ジャンルは?
  • 文章スタイルは?

細かいところを挙げればキリがありません。

でも確かなのは、ほとんどの場合、色々な条件が違いすぎて単純に比較ができないです。

「比較をする」という行為は、条件が近いほど意味のある結果が返ってきます。比較対象と条件が違うほど、単純な比較(今回の場合だとPV数や収益)をしても意味を成しません。


経験や能力が違う

人の経験や能力は大きく違うため、ブログのPV数や収益で比較してもあまり意味がありません。

別にこれは、どっちが優れているとかいう話をしたいわけでなく、ブログをスタートした瞬間から既に条件は違うということです。

例えば、ブログを書くのが初めての人が、ブログを作るのが3回目の人と比べて同じようにスタートダッシュできるわけがありません。

ブログ運営報告にこれが何個目のブログか書いている人もいますが、書いてないからと言ってその人がどういう経験を積んできたかは不明です。ライターの経験があるだけでも違いますし。

他にも、ブログが初めての人同士を比較しても、SNS強者かどうかで全く結果が違います。

圧倒的PV数を出している人でも、ツイッターや他のSNSによる流入がほとんどで、検索流入はほとんど変わらない場合もあります。これでただPV数だけ比較しても意味がありません。(自分はもっとSNS活用しないと、みたいな知見は得られるかもしれませんが)。

ブログという情報発信の場において、SNS強者はスタート時点で既に他の人よりも有利です。比較するならせめて自分と同じ拡散力の人と比較するべきです。芸能人と比較する意味はありません。


そして、個人ブロガーにとって一番大きな違いになり得るのはモチベーションだと思います。

副業・おこずかい程度が目標の人と、自分の生活がかかっているブロガーさんではブログに対する真剣さ(熱量)が違うので、ほとんどの場合は比較しても結果が違って当然です。

スポーツでプロを目指している人とアマチュアの人に大きな差がある事と同じです。


そもそも正しいの?

たまーにいるのですが、ブログ運営報告の内容(PV数や収益)自体が間違っている場合があります。

結構多いのは、1ヶ月目のブログ報告でPV数に自分のアクセスが加算されている例です。ブログを始めたての時は、右も左もわからないため、自分のPV数を除外する設定をしていない人も多いです。

収益に関しても「利益」の話をしていると思ったら、「売り上げ」だったみたいな話もたまに見ます。

あとはまぁ、水増し(最悪の場合は虚偽)の報告をしてアクセスを集めている人もいないとは言い切れません。(こればっかりは立証できませんが)

結局のところ、他人の報告(特に1ヶ月目〜3ヶ月目)はどこまで素直に信じて良いものか自分では判断するのが難しいです。

参考にするなら徹底的に分析

ここまで比較することを否定してきましたが、比較することに意味がないということをこの記事で言いたい訳ではありません。

この記事で言いたいことは、「意味のある比較を心掛ける」ということです。

前の章で話したように、人によってブログのスタイルや経験値、モチベーションが全く違います。トップブロガーになるつもりがないのであれば、トップブロガーと比較しても意味がありません。

自分がブログを書いてどうしたいかを今一度考えるところから始めるべきです。

なんでブログを書いているの

一番最初に考えることは、「自分がどういうモチベーションでブログを書いているのか」を改めて考えることだと思います(これは書きながら私自身にも言い聞かせています)。

自分はなんでブログを始めたのか、もう一度考えてみることが大切です。

例えば私の場合は、

  1. 旅・キャンプなどの記録をつけたい
  2. 月々のアウトドア活動の費用をブログで稼ぎたい
  3. 写真の腕を上げたいから見てもらえる機会を増やしたい
  4. 知らないアウトドア情報を集めて知りたい

というモチベーションの順位付けがあります(1つ目以外は変動が結構ありますが)。


こういうモチベーションなので、月々数十万欲しい!みたいにはあまり考えません(得られるに越したことはないですけどね笑)。

まずはじめに、自分のモチベーションを見直すところからスタートしてみると、自ずと自分のブログの目標がどれくらいか見えてくるかと思います。


目標が決まったら

自分のブログの目指すべきところが決まったら、次はその目標に対してどのようなアプローチができるか考えます。

この段階になって初めて「比較する」という行為に意味が出てくると思います。

まずは、自分の目標とするブログを見つけてください。目標の内容は、PV数でも収益でも、サイトのレイアウトでも、文章の書き方でもなんでもいいです。

目標とするブログを見つけたら、徹底的にそのブログを分析して見てください。PV数を目標とするのであれば、目標のブログがどういう風な記事を書いて、どのような手段を使って、どのようなルートで読者を集めているかなどです。

そうやって分析すると、自分とは違う点がいくつも見えてくると思います。この違う点を自分も同じように試して「実験してみる」のがいいと思います。

なぜ実験するかというと、必ずしも自分のブログに効果があるかやってみないとわからないためです。仮に実験が思うようにいかなくても、その試行錯誤は経験になります。


「人と同じことをしてもオリジナリティはないだろう」という話もあると思いますが、私はオリジナリティは人の模倣をする過程で試行錯誤してから生まれるものだと思います。

そのため、まずは模倣してみて目標との差を自覚する必要があります。その差を自覚し埋めることができたならば、自分の目標に必ず近づくはずです。その後もさらに目標のブログの分析をします。

ここまでやって初めて「比較・参考にする」ことに意味が出てくるのではないかと思います。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、自分なりに人のブログと比較・参考にする意味についての考えを述べてみました。

ここまで偉そうなことを言っていますが、言いたかったことは

ブログは自分のペースでいい。
仮に目標とするブログがあり、それに自分のブログを近づけたいと思うなら、そのブログのやり方を分析・参考にして、自分のブログで実験してみるのがいいと思う。

ということです。

人のブログ報告と比較して、一喜一憂して疲れてしまった人の気持ちがちょっとでも楽になれば幸いです。



ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました